宿泊するときのコツ

宿泊するときのコツ

子ども連れ・赤ちゃん連れで宿泊をするときには、予約時に子どもがいることと、子どもの年齢をしっかり伝えましょう。宿によっては、小さい子供がいると、しっかりしたベテランの仲居さんをつけてくれるところがあるようです。


また、予約をしたら、宿の部屋の掛け軸や、床の間の置物など、何かあったら困るものは全て撤去するようにお願いしておくと宿に迷惑をかけることもなくて、いいでしょう。


宿泊中の注意としては、食事の時間があります。
宿の朝食は、「部屋食」だと8時ごろからが多いのですが、ベビーや幼児の場合、それまで待てないことも。何か持参してもいいのですが、前の夜に、おにぎりなどを作ってもらうといいですね。


また夕食は、バイキングだと気がまぎれていいのですが、懐石料理などだと2時間近くかかります。その間、子どもが退屈してしまうこともしばしば。おもちゃやお菓子、ジュースなどを余計に持って行き、飽きないような工夫が大事です。


宿によっては、この辺にまで気を配ってくれるところもあります。


関連記事

  1. 赤ちゃん・子連れ旅行で宿を選ぶポイント
  2. 宿泊するときのコツ